お金を借りるなら金利が安い金融業者

 

プロミスでキャッシングを利用してみる

月の終わりとはじめに出費が重なり、生活費が足りなくなったので、その月の生活費を用立てるために消費者金融からキャッシングをすることにしました。キャッシングといっても多くの種類があるので、色々とインターネットで調べてから、選ぶことにしました。どこも似たような感じですが、銀行系消費者金融と消費者金融、またキャッシングや銀行のカードローン、またクレジットカードなどなど色々と種類があって迷います。数字だけ見れば、銀行のカードローンがお得な感じがするのですが、実際に審査が通るかどうかは別の話。また手続きのし易さや返済のし易さなどが微妙に会社によって違っています。検討を重ねた末に、審査が通りやすいという点からプロミスを選ぶことにしました。今回、初めてなのでどのようなことを申し込みでするのかもインターネットで調べてました。いや、昔と違ってこういう情報がすぐに見られるというのはありがたいことです。それに申し込みの事前診断もインターネットから出来るので、本審査に望む前に実際に通るかどうかを、ある程度、想定できるので嬉しいところです。プロミスの事前診断は、3秒審査というもので、生年月日と年収、またほかで借りている借入金の金額などを入力するものです。実際、よっぽどの事がなければここで拒否されることはありません。本審査では、名前や生年月日、家族構成のほか、自宅の住所、勤務先の名前と電話番号や、雇用形態、年収、職種など。また他社からの借入金を入力します。借り入れ金額が多ければ通らない場合があるようですが、今回は初めてなので問題なし。勤務先は零細企業でしたが、安定した収入があるので、おそらく問題なかったと思われます。その後、本人確認のための書類を送るのですが、今は携帯電話で撮影したものをメールで送る仕組みがあるので、郵送する手続きがなくて楽チンです。幸い私の場合、審査が通り、その月の生活費を確保することができました。

キャッシングのモビットの体験談

 

お金を借りるなら金利が安い金融業者がおすすめですわたしはどうしてもまとまったお金を用意しなければならなくなったので、どこからかお金を調達しなければならなくなりました。ですがわたしにはそのとき、そのような大金を自分の力だけで用意するあてはどこにもありませんでした。仕方がないのでわたしはとりあえず家族にお金を借りるということを考えました。ですがそのときはわたしの家族も家のローンの支払いなどがあったので、そのようなお金を借りるということはできませんでした。わたしは仕方がないので親戚にお金を借りるということを考えました。しかしわたしは気さくにお金を借りることのできる親戚が誰もいないということにそのとき改めて気がつきました。家族や親戚などの血のつながった身内からお金を借りることができないと知ったわたしは友だちからお金を借りるということを考えました。お金を貸してくれそうな友だちに何人か心当たりがあったのですが、いざ借りようとする段階になるとわたしはあらためて躊躇するようになりました。それはそのようなお金の貸し借りをするということで友情関係にヒビが入るかもしれないという恐れからでした。わたしはそれでもお金が必要でしたから友人関係に亀裂が入ってもお金を借りようとも思いましたが、結局友だちからお金を借りるということもあきらめました。そのようにしてわたしは他にお金を借りるようなあても無くなったことから、最終的に消費者金融でお金を借りるしかないということに気がつきました。そうした会社でお金を借りるということにはわたしはなぜか強い抵抗がありました。それはひとつにはそのような会社でお金を借りたら、金利が高くて返せなくなるのではないかという恐れからでした。そのようなことを考えながらわたしは三井住友グループのモビットというキャッシングサービスに興味を持ちました。調べてみると金利もそれほど高くなく審査も時間がかからないということなのでわたしはこの会社を利用してみることにしました。